人狼に関する過去ログを読む2 -旧人狼告知掲示板過去ログ1~100-

人狼に関する過去ログを読む1-孤独スレ過去ログ-からの続き。

旧人狼告知掲示板の過去ログはこちら




6 名前:戦争男:2004/5/18 (Tue) 16:04:10:【25】

とりあえず祈祷師の戦略を、
司会者さんのしたらばのレスを参考に書いてみました

「祈祷師編」

 基本的にどんどん攻めの姿勢で推理するべき役だと私は思います
会話のイニシアチブをとって狼を上手く攻める事ができれば
たとえ狼を殺した朝の会議でリンチされても狼を一匹道連れに出来た事になります。

 気をつけるべきなのが
 「狼は祈祷師を語ることが多い事」と
 「狂人によって聖水を使えずにリンチ候補にされてしまう事」です。

 前者は狼が一回しかパスを使えない事などを上手く頭で整理して
それで論理的に攻めるか、もしくは祈祷師と名乗っている人物を
次の夜に指名する方法があります。
 実際、祈祷師がゲーム中に2人いて相部屋になっても聖水を消費しませんし
狼であれば攻撃してくるなら儲けもの、攻撃してこないならパス一回消費をさせたと
考えれば十分後半に向けて威力のある攻めになります。

 後者の場合、狂人はあなたが祈祷師だと知ったら確実に攻めてきます。
この場合、唯一(狩人を除いて)狼を殺せる武器が使用されないまま
残された村人が狼と戦うことになりますが、これはかなり村人にとって不利です。
また、狂人が祈祷師を名乗るというテクニカルな技をかけてくる可能性もあります。
そういう意味では、この職業は自分の職を最後まで他者に隠し通して死ぬ役柄かもしれません。

*一応基本戦略っぽく書いてみたんですが、どうでしょう?意見求む


今読めるログに残る、司会者以外による
ある程度分量のある戦略論の書き込みとして最古のもの、だと思う。
これ以降、司会者以外のプレイヤーからも
盛んに戦術・戦略論が表されることになる。


10 名前:司会者:2004/5/18 (Tue) 17:01:41:【31】

ついでに気づいたので、したらばから転載しておきます。

「狂人戦略」
・火の無いところに煙を立てよ。
一番怖いのは人狼各個撃破のリンチ。
疑わしい人物をどんどん捏造するべし。
狼に襲われた牧師を演じる(同室を狼認定、初日容疑者一人っぽい時有効)。
同室の人が狂人だったと言っていた(同室狂人認定、同室者が2日目に祈祷、牧師を主張した場合効く)。

あくまでも善意ある村人が、狂人・人狼にかき回されている事実を伝える役に徹する事。

会話に自信がない人はいきなり死んじゃえ!
人狼は狂人が自殺したと知っている。
論理が通じない序盤だからこそ、祈祷や牧師をリンチできる。
後半の単発死は、論理でつぶされたりするので控えるべし。

・間違っても狂人発言はアウト
冷静に考えて見ましょう。人狼の味方をする人、
場を混乱させるような事を言う人は誰でしょう。狂人しかいません。
あくまでも、あなたは善意ある村人・牧師・祈祷です。
しかし、信念を持っており、まわりに流されたりしません。
(投票の際は、できるだけ気をつけてください・・村人の総意に近い票を入れてはいけません)

例え、人狼と疑われてもリンチされても、人狼のリンチだけは避けてください。


11 名前:司会者:2004/5/18 (Tue) 17:02:10:【32】

「人狼戦略」
・リアル派閥。
人狼は2人います。そして互いに知っています。
片方が目立って広場のイニシアチブを取る自称牧師・祈祷役。多少感情的に。
片方が目立たず黙々と殺す自称村人役。冷静に。
とりあえず、この組み合わせをなれないうちはお勧めします(勿論裏をかくのも推奨)。

実際プレイヤーの頭は冷静にロジックを組み立ててください。
有利な材料は公開し、不利な材料は伏せて、指摘されないようにしてください。
さりげなく、狼と一度、3人いるなら二度三度同室して、
気づかれないような村人派閥を作成してください。
できれば、第三者を巻き込んで、漠然と信用されている空気を作ってください。
直前に殺さなかった人は信用しやすいでしょう。

・誰から殺す?
村人の派閥の目は摘んでください。殺すなり、会話で指摘してください。
会話のリードを取る人も殺しましょう。彼は狂人です。自殺をしただけです。
3人部屋はチャンスです。一人を殺し、もう一人もリンチで殺しましょう。
あなたは見ていただけの被害者の村人です。そう信じてください。
牧師に止められた場合、あなたは彼を狂人扱いにするか、自分を牧師と主張できます。
場の空気に応じて、決めてください。


12 名前:司会者:2004/5/18 (Tue) 17:02:31:【33】

「牧師・祈祷戦略」
・疑いの目
一番リンチにかけれられやすい役割かもしれません。
弁解は感情的に、かつ理性的に行ってください。
牧師・祈祷が何人も出てきた時は、あなたも主張してください。
偽の牧師・祈祷が、本当に信頼されていく可能性があります。

基本的には、あなたが広場のイニシアチブを握ってください。
あなたは夜に村人を危害を加えません。
それを約束して部屋割りに突入するのも手でしょう。
狂人には気をつけてください。彼らはいつもあなたの信用を落としたがっています。

「村人戦略」
一番素で演じても問題ない役割。
普通にメモをとって、狂人・人狼のアラ探しをしていけば問題ありません。
一番初心者向けです。

自分に火の粉がかかった時は、とにかく冷静に話を良く聞いて
話のアラを見つけてください。ずっと黙ったままはわりと下策かもしれません。


この一連の戦略論は、名無し村来た当時に何度も読んだ記憶がある。
内容も然ることながら、言い回しもいいね。
序盤における狂人の役割について触れていることを踏まえて次の書き込みへ。



14 名前:名無しさん:2004/5/18 (Tue) 17:18:53:【36】

とりあえず、狼をやって感じたことを。

初日などの早い段階で死人が少なかったとき、狂人には牧師を語って人狼候補を増やして欲しいです。
そのときもしリンチで殺されても自殺したようなものですし、狼の可能性がある人を増やすことが出来ます。
また、多少危険は伴いますが狼側も同じ手段が出来ます。
ただし次の日に殺すと怪しまれる可能性があるので、出来れば同室になってパスしたほうが良いと思います。

狂人はもっと大胆に行動して、人狼候補者を増やすよう動いてください。


この書き込みと、その前に挙げた司会者の書き込みを見る限り、
当時は、序盤における狂人の動きが今よりも少なかったのではないかと推測できる。
おそらく、狼側の勝率の低さも幾らかそこに起因しているのではないか。
この様な言説が複数のプレイヤーから唱えられることによって、
狂人の課せられた役割が徐々に明確化してくることになるが、
その流れは一方で、「敢えて」自殺を行わない「生きる狂人」を、
魅力ある戦術として再確認させ、その発展系としての
自殺も狂言も行わず、会議の扇動を主眼とした
変則的な「生きる狂人」へのステップアップをも可能にすることになる。


32 名前:司会者:2004/5/20 (Thu) 14:22:47:【77】

人狼ログまとめページ、17日3回目プレイアップしました。
http://www.geocities.jp/uo_jinrou/040517_3.html

>>24
じゃあ・・今日あたりでもやりますか。

>17日3回目プレイ
まとめていて気づいたのですが、これの4日目に注目してください。

祈祷Afiasさんの部屋割りを中心に、出来事を整理していくと

初日夜:Windさん ※Afiasさん指名
二日目昼:死亡者無し。処刑なし。
二日目夜:marvelleさん
三日目昼:marvelleさん死亡。Windさんが、誰も殺してない
     Gonzさんを狼と決めつけて攻撃。Windさん処刑。
三日目夜:moguraさん ※Afiasさん指名
三日目昼:他の部屋で2人死亡。

普通に考えると、四日目の処刑ってAfiasさんですよね・・。
Afiasさんが四日目まで、ずっと黙っていた理由が今わかりました。

初日、狼同士のWindさんAfiasさんが組んで
Windさんが牧師と自称したGonzさんをはめようとした。
あえなくWindさんは処刑されたが、Afiasさんは
村人の信頼を得ようと3日目パス。上手い事狂人が2人動いてくれた。

↑の見方が実は一番、自然なのですよね。

と言う事は逆説的に、戦略として
人狼側がもし、祈祷に殺された場合、
前日同室だった祈祷と同室だった村人をはめる事は
できないでしょうか?

狂人のカンがよければ、その村人に3日目同室して自殺。
確実に、狼以外の手で2人リンチできそうですよね。

ちなみに、このプレイのアミサコさんは、見返してみると
生き残るタイプの狂人として、ベストな判断を尽くしています。
当時はどうして、死なないんだー!なんて思っていましたが・・。

状況次第で、生き残ってリンチで勝つ
狂人という戦略もあるかもしれません。


この時点で、「狂人の役割は自殺」という段階を経て
生きる狂人というスタイルが表されている。


41 名前:名無しさん:2004/4/25 (Sun) 0:08:35:【107】

>>司会者さん
Robinさんが人狼解説ページからリンク張ってイイかどうか
訊いてますよ

ttp://www.ne.jp/asahi/robin/zander/mainframe.htm


42 名前:名無しさん:2004/4/25 (Sun) 0:28:10:【109】

すげぇ!Robinさんと繋がった!
ヤバイ。マジヤバイ。
Robinさん見学に来たりしたらどうしよう・・・


来るよ!


44 名前:司会者:2004/4/25 (Sun) 14:38:16:【111】

言うかどうか迷っていたのですが、使われる前に言っておきます。
村人が言うのに、非常に有効な台詞があります。
逆に言えば、人狼は言い逃れる際、是非考慮してください。

「俺にはかばうべき相棒の人狼はいない、つまり俺も人狼じゃない。
以後の票は必ず、多数に流れる票にいれると約束しよう」

「俺は本当に人間だ!身の証を立てるために、俺をリンチしてくれ!」

「俺に疑いを向けた奴は、怪しい。俺は自分の役割を知っている」


ロジック的な戦略で表される一方で、
この様な他者の心理に働きかける戦術が、
同様に対象とされるという傾向は、実は非常に大事なことである。


49 名前:名無しさん:2004/5/26 (Wed) 18:13:16:【120】

参加したいのに仕事…(´・ω・`)
生霊飛ばしますね^^


生霊って懐かしいね。


53 名前:戦争男:2004/5/28 (Fri) 2:38:51:【147】

なんとなく新ルール等で役割が変わってきてしまうかもしれませんが
戦略面で2つ色々書いてみたので意見あればお願いします

村人編

この職業の立ち位置は非常に難しいです
狼に目を付けられてしまった時点で死が待っているため
不用意にでしゃばるのは即ち死という状況にあります

しかし、この職業は会話に参加せずに
じっと狼が去っていくのを待つ職業ではありません
この職業の一番の活躍の場はリンチ投票にあるのです

昼間の会議では職業を明かさずに過ごさねばならないので
会話に参加するのは難しいと思いますが
出来る限りの情報を引き出す努力をするのが一番ベストでしょう
その数少ない情報を元にあなたは推理をしてください
また、夜中という貴重な時間をただ生き延びようとするだけではいけません
相手の職業について情報を得るのが得策でしょう
ただし相手が狼の可能性もあります
自分はさも職業があるぞという雰囲気を出すのも良い選択かもしれません
(決して昼の会議でその嘘を公言してはならないですが)
リストをこまめに作って、ロジックを組み立てるのも良いです
少ない時間で狼が村人を扇動しているのかどうかを見極めましょう

一番良くないのは大衆に投票をゆだねる事です
もちろん推理の上で大衆と同じだったというのは構わないのですが
狼はいつでも村人の判断を間違った方向へ持っていこうとしているのですから
貴方の前の二人が推理と違う人に投票したから、私もそちら
という投票のやり方は非常に危険なのです
貴方の推理に自信を持って、しかし謙虚に立ち向かう職業という事になるのかもしれません

しかし、忘れてはいけないのは
あなたはこのゲームで一番無力な村人であり
このゲームの勝利の鍵を握っているという事なのです


この戦略で一番重要な件は、末尾にそっと添えられた、
>しかし、忘れてはいけないのは
>あなたはこのゲームで一番無力な村人であり
>このゲームの勝利の鍵を握っているという事なのです
ではないか。
最も弱い存在である村人が、非常に重要な存在であるという視点。


67 名前:戦争男:2004/5/31 (Mon) 16:16:23:【214】

とにかく書ける事を書けるだけ書こうと思ったら
こんなサイズになってしまいましたorz


「狂人編」

*はじめに*

 狂人の役職でよく言われている「会議をかき回す」という行動は、
最初からむやみに使ってよいケースばかりでは無いという事を知っておいて下さい
たしかに、会議をかき回して狼に有利な状況を作り出すのは狂人の大きな仕事の一つではありますが、
序盤では誰がどの役職に付いているかが全く判らないはずです
確信の無い混乱は、村人側にも狼側にも牙をむく可能性があるのです
この職業は、ゲームの中でもっとも進め方にバリエーションのある職業なのですから
一仕事終えて、誰がどの役職なのかをある程度見極めた「生きる狂人」が
その会議の混乱を引き起こす事は決して遅いという事はありません。

狂人にはこのようなケースが多く、一本化した攻略法にまとめることが出来なかったため
私は「死ぬ狂人」と「生きる狂人」という2種類の戦略をまとめてみました
前の戦略にも書きましたが、全てがこの通り行くわけでは無いという事を念頭に置いて
この攻略を読んでいただければ幸いです。
 


*死ぬ狂人*

 死ぬ狂人は、村人サイドに容疑をかけて、狼のリンチ回避と村人の殺害を
同時に行なうという最もスタンダードな戦略になります

死ぬ狂人が、死ぬべきタイミングは大きく分けて4つあるのですが
1:初日の夜
2:2日目の夜
3:3日目の夜
4:それ以外
という4種類が上がります

基本的には3日目までに死ぬ事を強くオススメします
それ以上の時間死なないと、狼のパスが一回しか使えない事等から割り出した
ロジックによる狂人の解明が行なわれる可能性が強く
3日目で死ねなかった場合は後述の「生きる狂人」になるか
後日に、村人サイドの判断力が薄いと認識した際は自殺しても構いません
以下に死亡した日による戦略がどういうものなのかを記述しておきます

1:初日の夜
 この日の自殺は一種のバクチという形になります
「まったく情報が無い」という事実の重みが、同室の相手を確実に追い詰める事が可能です
しかし、同室の相手が狼サイドである可能性もあるため
場合によっては狼サイドの大ピンチを引き起こす可能性もあります
しかし、この方法によって村人サイドの勝利の要である祈祷師を追い詰めてしまえば
狼の勝率はぐっと上がるのもまた事実となります
狼と村人の役職の比率を考えると、このバクチはあながち悪い勝負ではありません
少ない言動から得た推理を、このバクチに賭けるのも面白いかもしれません
(個人的に、このバクチが出来る漢を俺は尊敬します)

2:2日目の夜
 初日に死者が出なかったパターンの時は、この日に死ぬ事をかなりオススメします
村人の殆どが、初日に狼が動かなかったから2日目は要注意だと考える所を逆手に取るのです
この日は狼が動く可能性も高く、容疑者が多ければ多いほど
狼にとっては言葉の逃げ道が増えるという事を考えれば、この日に死ぬというのは
悪くない選択の一つになります
問題は、上と同じでまだまだ情報が少ない時期ですので、狼を追い詰める可能性がある
という事になります

3:3日目の夜
 決断の夜ですが、この日の自殺は貴方の判断能力をかなりのレベルで要求します
ある程度容疑者が固まり、投票の傾向など貴重な推理の情報が集まり始める時期です
今までノーマークだった村人に最後の疑いをかけるチャンスなので
ここで指名権を得られなければ、見送って「生きる狂人」になるのも良いでしょう
この日の死亡は状況によって結果が大きく変わります
よく考えて、今が死ぬ時なのかどうかを見極めてください

4:その他
 4日目以降という事になりますが、この時点で死ぬ事のメリットは
「判断能力の薄い村人の票の確保」「ゲーム時間の短縮」
ぐらいしかありません、狼サイドが最後までわからなくても参戦する事に意義があります
最後の最後でバレバレな狼を救う希望になる可能性だってあるのですから
下手に死なずに「生きる狂人」になる事をオススメします



 この「死ぬ狂人」にとって決してついてはいけない嘘が一つあります
それは「己が牧師or祈祷師」だという嘘を付く事です
考えずとも判る事ですが、この2つの職業は一回は生き残ることが出来る職業です
という事は、牧師と言ってしまうと初日か二日目に狼に襲われたという演技をしなければならず
祈祷師と発言すれば最後まで生き残らなければ話のつじつまが合わなくなってしまい
結論として「死ぬ狂人」としての役目の幅を減らしてしまうのです
 また、この死ぬ狂人の場合は「会議をかき回す」必要もありません
どちらかといえば、村人の振りをするのが一番簡単でしょう




*生きる狂人*

 生きる狂人の役目は、簡単に言えば狼サイドの村人となる事です
もちろん村人側ならばどんな職業でも基本的に問題はありません
祈祷師の演技のみ発言にタイミングが必要なのですが、これは後で書きますので
まずは生きる狂人がどういうものなのかについて説明します

このゲームでは後半になればなるほど、狼の確定率が上がってしまいます
そのため、貴方は狼サイドの投票を支援しなければなりません
また、会議を上手い具合に混乱させたり、狼の扇動をスムーズに進めさせるなど
誰が狼なのかを誰よりも速く知るという村人以上の推理力が貴方には求められます
村人側に立ったとき確実に怪しいと思う人物の意志に従うというのも手ですし
リンチ投票の際は出来るだけ真ん中に立って、票をさりげなく分散させるなど
そのような小ネタを利用する事で狼が誰だかわからなくても活躍する事は可能です

先ほど、祈祷の演技で発言にタイミングが必要だと書きましたが
生きる狂人は「職業を持つ嘘を付くべき」です
狼からの攻撃対象から外れる目的と、本当の職業を持つ相手をおびき出す事が出来るからです
牧師と名乗れば、本物の牧師はあなたを指名してくるかもしれません
祈祷と名乗れば、本物の祈祷師が貴方にノコノコ会いに来てくれるかもしれないのです
ただし、一番最初に私は祈祷師だと言うのは時期を焦りすぎています
もしもゲームに2人以上の狂人が居たとしたら、狂人は祈祷師に容疑をかけたいと思っているのですから
狂人の同室によって、お互いに罪をなすりつけあうという愚行を犯してしまう可能性があるのです
まずは序盤を生き抜いて、狂人は俺一人に違いないというタイミングを待つのです
そのタイミングで実は祈祷だったのだと話す事で、潰しあう可能性を最低限に抑え
また最後まで生き残っていた祈祷をおびき出す事も可能になるのです
もちろん、「生きる狂人」と最初に決めたから、最後まで絶対に生きなければいけないわけではありません
タイミングを計って状況に最善の努力を尽くすのが貴方の役目であり
狼はそれを期待しているのです



*まとめ*
 この職業の最大の敵は実を言うと狼です、狂人の仕事は沢山あるのですが
狼からの防衛手段が一切無いため、一度食われてしまうと
本来狼のために尽くすどころか、狼に容疑まで残していってしまうのです
この回避方法は正直な所思いつきません、実際狼にパスが残っていなければ
どんなに上手い作戦を話した所で食われる事を回避できないのです
 ですから、指名をする場合は最大限の注意を払ってください
わざわざ狼を指名して食われてしまう狂人ほど愚かな行為は無いのですから


「生きる狂人」という用語は、ここが初出なのだろうか。
この辺りの時期からしばらくの間、最重要役は狂人。


71 名前:六甲:2004/6/2 (Wed) 1:39:47:【228】

たびたび指摘がありましたが
他のよくいるプレイヤーの別キャラ詮索、
他のよくいるプレイヤーのお話は、
お初の人が参加されている場合は、できるだけご遠慮ください。

わたしも気をつけますので、皆様ご協力お願いいたします。

73 名前:六甲:2004/6/2 (Wed) 4:04:55:【230】

よりよい、提案。

「いない人の話はしない。」

で、よろしくお願います。


初出シリーズその2(?)。
現在の名無し村の軌跡を知る上では割と重要な書き込み。
オープンゲームという言葉が、明確に概念化されたのはいつ頃なのだろうか。
少なくともこの当時既にその下地は出来てきたのは明らかではあるが。
[PR]
by frisk_tarou | 2007-06-17 12:15 | 人狼:雑文
<< 人狼に関する過去ログを読む3 ... 人狼に関する過去ログを読む1 ... >>