人狼に関する過去ログを読む4 -旧人狼告知掲示板過去ログ201~300-

人狼に関する過去ログを読む3 -旧人狼告知掲示板過去ログ101~200-からの続き。

旧人狼告知掲示板の過去ログはこちら




207 名前:黒汁:2004/6/17 (Thu) 2:53:10:【577】

本日は瑞穂にて飛び込みで参加させて頂いてありがとうございました。
ベテラン勢の中で非常に貴重な体験ができました…

これから最後の方でゆっていた、桜の
露店イベント(さくらまーけっと)についての情報とともに
6/19日スレッドをたてますね~。


黒汁の書き込みがここにあるということは、
この数日後が、私の名無し村初参戦になるわけだが、
正確な日付は忘れた。


211 名前:名も無き街娘:2004/6/17 (Thu) 10:57:59:【595】

>>208
このゲームで、何の職業もない一般の村人だったで、
がんばって推理したのに、「鬼だ!」とか「えげつない!」とか言われました。
ひどいよ!ひどいよ!がんばったのに。><
でも、実に痛快な勝利でした。ニヤリ。


「えげつない」プレイというのは、私の目指す形の一つでもあるのだが、
遣り込めてみたいプレイヤー相手に頑張っても、
「えげつない」という言葉を吐くのはいつも私。
実に憎たらしい。
名無し村とは何とえげつない場なんだ、とよく思っていたものだ。


213 名前:カニタマ:2004/6/17 (Thu) 12:30:05:【606】

「鬼」という言葉は、この場合誉め言葉かと思われます。
昨日は司会も含めてオメガさん大活躍でしたね。お疲れさまでした。

ゴンゾウさん。ああ、三回目のログはぼくも保存してないです。
二日目の部屋での会話とか、あとでじっくり見直してみたかったんですが。
狂人間での確認の仕方とか、狼との連携とか、なかなか学ぶところの多い試合でした。
「わかりやすい狂人」ってのもそれはそれでメリットあるものなんですね……。


「わかりやすい狂人」という言葉に注目。
注目して、100レス程待つといい。


217 名前:六甲:2004/6/17 (Thu) 13:27:27:【615】

>>確認方法
正直な所、存在しません。
唯一証明しうるのが、広場でのスタンス。
(↑これをオメガールが模索中ではなかろうか。逆の逆を行くプレイだが

夜の会話でも、相手と自分によってその判断ラインが違うわけです。
というか、自分と相手のラインが一致した時のみ、確信が芽生えます。
大抵は、どちらかが疑念を残す結果になるでしょう。

もっとも一般論だけ提示するのもあれなんで、今回一例として
「狼は誰だと思う?」という質問を私は、今は、お奨めします。
以前、ウォーズマンが使用していた質問なのですが、
私はこれが一番、その人のスタンスを証明しうる
質問だと思っています。


「確認方法」とは、「狼が狂人相手に狂人であることを確認する方法」。
「狼は誰だと思う?」という質問は、
今では皆が何となしに使う普通の質問のように感じるが、
ここでわざわざ取り上げられるということは、
この質問が先駆性を帯びた時期があったということなのだね。


282 名前:tarou(Frisk):2004/6/26 (Sat) 13:15:40:【788】

>六甲さん
本日のSKRオープンゲームの際に配布予定のルールブックに、
「人狼名無し村」のURLを掲載したいのですが、よろしいでしょうか?

あと、昨日の雑談の中で少し話題になったのでお伺いしたいのですが、
「人狼名無し村」の宣伝(というか名前を出すというか)はどの程度まで許されるのでしょうか?
あまり大人数が訪れると管理人さん側としては困ると伺ったので、
大手掲示板にての宣伝が不都合であるのはわかるのですが、UO内での宣伝、
例えば、オープンゲームを行った際、ゲームの最後に
「『人狼名無し村』で、オープンゲームの告知を受け付けています」
と紹介するといったようなものは許容範囲外でしょうか?


私の初書き込み。嗚呼、恥ずかしい。
ここで述べているSKRのオープンゲームとは、
メインシャードであるSKRに人狼を広めようと必死だった私が、
半ば暴走気味に開催したゲーム。
その頃の私は、人狼の流行は、長く続くものではないと考えていた。
勿論人狼自体が持つ面白さについては、少しの疑念も抱いてはいなかったが、
当時の人狼は、考案者であるRobinさんのネームバリューと、
新しいものが持つ物珍しさの効果もあって、
ある種異様な熱を帯びた状態にあると私の眼には映り、
その熱量は、長い間維持出来るものではないと感じていたのであった。
しかし、一過性の流行として葬ってしまうには人狼は魅力的過ぎた。
今後も望んだ時に人狼がプレイ出来る様にあって欲しい。
それは人狼が流行っている内に、
その認知度を出来得る限り広げることで不可能では無くなるかの様に思えた。
例えば、ブリ銀で人狼の参加者を募り、見知らぬ者同士が集ってゲームを開く。
そんなことを夢想していた。
この頃は「多種多様な人狼」という概念をまだ持っていなかったなぁ。
[PR]
by frisk_tarou | 2007-06-23 19:17 | 人狼:雑文
<< 人狼に関する過去ログを読む5 ... 人狼に関する過去ログを読む3 ... >>