<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

人狼:050225

ログは"「汝は人狼なりや?」掲示板"から。
ティキさんありがとうございます。

正直に言おう。激酔いだった。
記憶無くす程ではなかったが、思考があちこちに飛び、椅子に背もたれると寝かねないくらい。
ログ読んでみると、あちこちに推理の間違えがあって恥ずかしい。
それも、読み違えなどではなく、単純なミスばかり。

それはそうと、機械人形の司会で祈祷師をやるのは何度目だろう・・・。
最近多い気がしてたんだが、

>[wars man]: 俺司会で、フリスク何連続祈祷だったっけかな
>[wars man]: いや、④連続目ぐらいだから
>[wars man]: あたってもおかしくないよw
>[wars man]: >フリスク祈祷

意識的にやってたのかよ!
しかし、これは逆説的に「Frisk(祈祷)」が世の中に浸透していないことを示している。
機械は「意識的」に私を祈祷にしている。
つまり、「意識」しなければ、「Frisk(祈祷)」だとは思い浮かばない。
大丈夫だ。まだ大丈夫だ・・・。
しかしこのままではいけない・・・。

ゲーム内容としては、
特に推理も出来ずに流れに乗って勝利が転がり込んできた感じ。
三日目で狼を同室に指名した辺りは、割と「発言から役の見当をつける」という、
最近の(そして、とても基本の)試みが実践できていたが、
やはりそこまで確信があったわけではない。
誰かを疑うならば、やはり「何となく」ではなく、明確な理由を付けられるようになりたい。

初日の部屋割りで、牧師がブロックしたにも関わらず、宣言をしないという事態があったが、
ごく例外的な状況を除いて、これは村側の致命的な推理ミスを招きかねないと思う。
牧師の役目は、正確に事実を伝えることにあると思うのだが、どうだろうか。
牧師と奇策は、西瓜と天麩羅くらい悪い取り合わせだと、私は思っている。


あと、

>[Tiki]: なぜフリスク(祈祷)はあんなにも怪しいんだ><

>[Rizu]: なんか勢いでいかない発言が
>[Rizu]: 狼ぽい
>[Rizu]: ちょっと待てよみんな!
>[Rizu]: みたいな発言が狼ぽい・・・

>[wars man]: フリスクが出す特殊な成分が
>[wars man]: リンチを招いている

>[Tiki]: 80%狼だと思ってた・・・

ドラクエ4で「しんじるこころ」ってあったよね。
あれが猛烈に欲しい。3980円くらいで売ってないものか。
[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-26 10:54 | 人狼:プレイ記録

ミノックメモリアル

c0003481_135196.jpg


司会「それでは、ただいまより273人アドバンスゲームをはじめます。」

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-22 01:36 | 或る光景

8スタ

おそ松のー ズボンをから松が履いてー

ちょろ松のー シューズをいち松とっかえてー

とど松のー 眉をじゅうし松にー かいてもー


c0003481_23515029.jpg




「おい、ちょろ松。俺のオークヘルム勝手に被ってんじゃねぇよ。」「ぁんだよ。俺はじゅうし松だよ。」「勝手に人に濡れ衣着せてんじゃねぇぞこら。」「うっせぇよ、ちょろ松でもじゅうし松でもいいから、とりあえずそのヘルム脱げや。」「うるせーな。同じ顔同士で喧嘩してんじゃねぇよ。紛らわしいんだよ。」「お前も同じ顔だろうが。」「いいから脱げよ!」「脱げ脱げうるせぇよ!鏡で自分の裸でも見てろ。」「あ、おい。ちょい俺の冷気杖どこいった?」「今度はそっちかよ。」「おい、お前の持ってるの俺の杖じゃねぇか?」「ちげぇよ。お前って何だよ。名前で呼べよ。」「見分けつかねぇんだよ。お前何松だよ。」「人に聞く前に自分は何松なんだよ。」「お前もわかんねぇんじゃねぇか。」「松松うるせー!」「ミーはおそ松ざんす。」「おい、今ミーとかざんすとか言ってる奴いたぞ。」「オークヘルム返せよ!」「うるせー!」「おい、イヤミ混じってるって!」「どれだよ。」「今ミーって言ったの誰だよ!?」「杖どこいったんだ。」「イヤミがいるって!」「から松だじょー。」「ハタ坊もいるぞ!?」「黙れって言ってんだろ!」
「それでは兄弟の中に潜んでいるイヤミとハタ坊を探しましょう。期間は5泊6日です。」「おい、何か変な奴出てきたぞ。」「探しましょうって、何仕切ってんだ。」「誰だよこいつ!」「おい、お前誰だよ。」「それでは初日の会議です。」「話聞いてねー。」「何か会議始まっちゃってるし!」「時間は5分です。」「時間とか区切られてるし。」「杖どこだよー。」「まだ探してんのかよ!」



そんな8人スタンダードゲーム。

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-22 01:12 | 或る光景

人狼:050216

ログは"人狼Online"で。
バロックさんありがとうございます。

狼で参戦。
相棒は姉御・ザ・シンシアさん。
私もシンシアさんも、怪しい狼の痕跡をあちらこちらに残しているのだが、
村同士の反発で、棚ぼた式に勝利をゲット。
内容に関しては、あまり言うこともない。
ただ、一つ触れておくならば、
このゲームのちょっと前に、狼をいただき、
同じく村同士の反目で勝利を得た時も、今回も、初日狼がばらけてパス→潜伏というパターンだった。
スタンダードゲームの場合、狼が初日ばらけてパスというパターンは、
なかなか難しいので狼は避けてくると思うのだろうか。
私としては、初日一斉蜂起や、同室の方が明らかに足が付き易く、不利だと感じてしまうのだが。
って、偉そうだな、おい。
あとは、同じくらいの可能性がいくつかある中で、
どれかを決め打ちにいく場面というのは必ずあるのだが、
その前段階として、決め打ちということで村の意見をまとめる等するといいんじゃないだろうかとも思った。
いきなり名指しでせめられたんじゃ、狼でなくとも反発したくなるだろう。


本題。
ほぼ勝ちの決まった4日目会議、幽霊PT。

>[Rookie]: 人狼のもてあそぶようすが・・・
>[Rookie]: くやしいですね
>[Tiki]: 性格のゆがんだふたりですから・・・
>[Rookie]: 勝利を確信しているのにいたぶる様子が悔しいですね

狼PTでは、「早く司会切ってくれよ!」とか言ってたよ!

シンシアさんと同サイドで、なおかつ勝てて良かった。
負けるのは、誰が相手でも悔しいのだが、シンシアさんを相手サイドに回して負けた時はかなり悔しい。
だって、

>[Rookie]: おどっているよ・・・

扇子持って踊るんだぜ。
[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-18 00:02 | 人狼:プレイ記録

UOサイトを巡る冒険

 私は、UOのプレイ開始当初から、UOの関係サイトを見ることが趣味であり、時間の空いた時には、
ブックマークを巡ったり、リンク伝いに面白いサイトは無いかと探し回ったりなどしていることが多い。
 日記系、企画系のサイトから、コミック・FLASH系サイト、某掲示板等等。
日記・企画系のサイトに関してどこが面白い等といった話は、サイト数が膨大な数にのぼる上、
私が挙げるような所は、既に皆に知っている有名サイトばかりなので、あまり触れないが、
"The Noble Hunter""スモー屋"などは、サイト巡りを始めた頃から大好きで、今でもたまに読み返したりする。

 上記のような有名サイトは、シャードを超えて人口に膾炙しているが(当たり前だ、だから「有名」サイトというのだ)、
そのように知れ渡ったサイトではない、例えば小さなギルドのサイトや、個人の日記なども、読むことが多い。
 まったり系ギルドのPCイベント報告を読んでは、脳内ギルメンと助け合いながら窮地を脱する光景を夢想し、
駆け出しのPvPerの日記を読んでは、脳内PvPerとして愛馬と共に駆け回る自分の姿を妄想したりする。
うむ、病的。
最近では人狼プレイヤーのブログも増えており、UO上では見られない意外な一面や、
あまり伺うことのできない考え方を拝見できて非常に面白い。

 さて、今触れてきたような日記・企画系のサイトが、本当に面白いものを作るには、優れた才能が必要なのは言うまでないが、
コミック系や、そして特にFLASH系の面白いサイトは、センスがあり、なおかつ専門的な技術を要するということで、
PCに関する知識が皆無な私は、テキスト系サイトとはまた別の尊敬の念を抱いて、サイトを閲覧していたりする。
FLASHにもいろいろなものがあるが、私が好きなのはテンポのよいFLASH、あるいは笑えるFLASH等のようだ。
前者には、"ウルティマS∴T∴工房"の「派閥二周年記念」FLASHや、「1000」シリーズ、
"成り上がりUO工房"の「鍛冶屋の受難」(本家もさることながら、リミックスも良し)等。
後者には、"ウルティマ王への道"や、"追放者の祭り"等がある。
ストーリー物のFLASHは、「a dog」のようなお涙系はあまり好きではなく、「Bond of Britannians」のようなものは好きだったりする。
どれもこれも有名どころだ。わざわざ挙げる意味あったのだろうか。

 上に挙げたFLASHと、ちょっと類の異なるもので、"ネトゲスパイラル"の「身内相関図」もかなり好きだ。
FLASHのことは全然わからないが、技術的にも優れたものなのではないだろうか。
名無し村でこんなFLASHができたら面白そうだ。
いや、しかしあまりにも人が多くて相関図自体の作成が難しそうだ。





ん?





あ。





c0003481_20433363.jpg


できた。簡単に。



名前は、このブログにコメントつけてくれた人のを勝手に拝借。
「相関」じゃないとかいう細かいことは気にしないように。
あ、面白いサイトあったら教えて下さい。
[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-16 22:40

学級会

「先生!ウォーズマン君が、川島さんのことカバ島って言っていじめてました!」


c0003481_3313936.jpg


暇だったので学級会ごっこしてました。

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-16 03:33 | 或る光景

パープルヘイズ

 ある時、タロウが何か気がかりな夢から目を覚ますと、
自分が一体のエナジーボルテックスに変わっているのを発見した。
彼は鈍く紫色の光を放つ渦であった。
周囲を見渡すと、彼と同じエナジーボルテックスが、
鈍重な動きで薄暗い部屋を徘徊し、たまに現れる黒い怪物的な生き物に群がっては、
その身体を屠る光景が目に入った。
紫と黒の影が交差する傍らで、たくさんの人間達が、
タロウには理解できぬ言葉を口早に叫び、次々と紫色の渦を作り出していた。

 「これはいったいどうしたことだ」と彼は思った。
夢では無い。部屋の壁や地面を走る閃光の眩さや、身体の芯に響く爆発音が、
この場、この状況が現実のものであることを、確かに教えていた。

 タロウはこのような状況にあって、とても冷静であった。
 「どういうわけだが知らんが、俺はエナジーボルテックスになってしまい、そうしてこの場にいるようだ」
普通ならば、大いに取り乱していい状況で、落ち着いていられる自分に気付き、
あまりに突拍子も無いことが自分の身に起きると、逆に冷静になるもんだなと、少し苦い笑みを浮かべた。

 エナジーボルテックスである自分が、このように思考することができるということは、
何も思考とは、脳で行われるわけでは無いかも知れない。
もしかしたら今自分がここにいることで、魂というもの存在を証明しているかも知れないな。
等と、タロウが、場と状況にそぐわない考えを巡らしていると、
不意に後ろで短く低い咆哮が響いた。
 頭で考えるより先に、反射的に振り向くと目の前に、黒い怪物が立っていた。
タロウの周りに散っていたエナジーボルテックス達が、重々しい彷徨を止め、
一斉に怪物に向けて襲い掛かかった。
黒い怪物が膝を付き、倒れんとしたその時に、
苦し紛れに右腕を上げるのを、タロウは漠然と見つめていた。
 右腕の向けられた先にはタロウがおり、
彼は自分に向けられた掌に、何らかの魔力が集束していくのを感じてはじめて我に返り、
エナジーボルテックスの勘としてだろうか、「危険だ」と、そう直感し身を翻そうとした。
しかしその時既に遅く、怪物の掌から放たれた魔力により、
タロウの身体は霧散し、白い煙となって部屋に漂い、やがて静かに消えていった。

 消えていくまでの僅かな間、彼はぼんやりとした意識の中でこう思った。

 「この世界は、奇跡や神の悪戯といったものが大好きで、そして酷く適当だ」


c0003481_1935986.jpg

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-15 22:10 | 或る光景

ラブショット!

c0003481_17332128.jpg

Hi!私フリスキー。

多感なお年頃の女の子です。



c0003481_17333419.jpg

何か楽しいことないかなぁって思いながら、

ミノックに来てみたら、憧れのノッチさんがいたの。

やった!って思いながら話し掛けてみたら、

全然反応無くて、どうも離席中みたい><。

でも、これって逆にチャンス?



c0003481_17334582.jpg

前から欲しかったツーショット撮っちゃいました><b

待ち受けにしておきます!


c0003481_17335760.jpg

私の心で燃え上がっている恋の炎に気付いて。

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-12 17:42 | Frisky!

各配役数公開ルール第一回テストプレイ

ゲームログの方は"人狼Online"でどうぞ。
ログUPをしてくれる方々、いつもありがとうございます。

プレイヤーとしての参加ではないので、各場面における思考の叙述は抜きに、
雑感と今後の課題を綴る。
既に上記人狼Onlineのルール検討に書いたものと、内容は大差無いが。


まず、このルール導入時、最も気を使うべき狼側と村側のパワーバランスについて。
当初予定していた、偶数の場合、狼側:村側=1:1の配役バランスは、
ルール検討BBSのFisさんをはじめ、何人かに指摘(?)を受け事前に変更した。
指摘内容は、細部は異なるが、勝負所が狭まるというのが大体の共通点である。
具体的に言うならば、初日に狼が狂人を避けて食えるかどうか、でゲームが決着してしまうという点である。
また狼が初日に宣言という手が有効になってしまうのも問題である。
そういう状況ならそれはそれで、狼側と村側の駆け引きが行われる場面も出てくるであろうが、
それは、今まで行われてきた人狼とは別物で、
私が意図した意味での、「推理」と「会話」のゲームではない。
従来の人狼の発展型としての配役数完全公開ゲームならば、
村側>狼側という配役バランスは崩せない。

それでは今回のゲームにおける、狼2・狂3・祈1・牧1・村5という配役バランスはどうであったか。
今回のゲーム参加者及び観客の皆さんはおわかりだろうが、
いやあの場にいなかった人間でも想像はつくであろうが、
この配役バランスは、狼側にとって非常にシビアなバランスとなった。
考えてみれば、狼が迂闊に動けない状況下、狂人のできる援護は自殺かブロック狂言しか無いが、
ブロック狂言では相手をリンチまで持っていくのには若干パワー不足であり、
自殺でリンチまで押し込めても、狼側の人数に比べて、村側の人数が多い状況では、
プラスマイナスゼロの結果では不十分ということもあり、状況が硬化しやすいのは明白であろう。
この状況の打開案として、人数をいじるならば
・狼の人数を増やし、狂人を削る
・村を減らし、牧師を増やす
などの案がある。
前者は、ロジックを複雑にし、リンチ投票の重要性が増す。
その代わりに、展開次第ではパワーゲームになりやすい。
後者は、狂人のブロック狂言が真実味を増す。
その代わりに、狼が決定的な場面で村を殺せない状況が出やすい。

人数をいじる以外のバランス調整で、ひとつ面白いと思ったのが、
各配役数を完全に公開するのではなく、部分公開にするという案。
これであれば、不確定要素を多分に残しつつ、芯のある推理をしやすいのではないか。
ただ、そうすると従来のゲームとの違いが、更に微妙になったりもするのだが・・・。
とりあえず、次はこの案でゲームを試してみようかと思う。

その他感じたこととしては、
このルールを生かし、ロジックに基づいたゲーム展開を望むならば、
会議の時間を若干長めにとる必要があるということ。
いつも以上に事実関係の扱いが重要になるため、
各部屋の状況を聞いているうちに、時間がきてしまっていたように見受けられる。
あとは、二日目リンチ投票強制というルールは、
狂人や狼が動きやすいアドバンスルールでは、必要性が薄いという意見があったが、
このルールは、積極的に狼を有利にするものではなく、
万が一、初日何も動かなかった場合、狼側が非常に不利になるのを防ぐという、
消極的な意味での狼側を有利にするルールなので、このまま続けてみたい。

まぁ、司会の意図なんて言うものの、結局ゲームを作るのはプレイヤーである。


おまけ

c0003481_1720187.jpg

今日の会場は、ウェディングさんの計らいでFrisk仕様。

リンチされたら文句つけられないかとドキドキの私。



c0003481_17254979.jpg

ついにオークヘルムが天下を取った瞬間。

ふははは、ひれ伏せ!熊鹿部族、その他の被り物どもよ!

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-12 17:29 | 人狼:プレイ記録

Say 裸!! Yeehaaaaaa!!

c0003481_046579.jpg

何故、





c0003481_0463560.jpg

並ぶ。

[PR]
by frisk_tarou | 2005-02-09 00:51 | 或る光景